米ロ首脳、戦略兵器削減の討議再開で合意


 西側7ケ国とロシアとの首脳会議が20日午後、最後のコミ
ュニケ、「地域問題に関する声明」、「ケルン憲章」などを採
択して閉幕した。クリントン米大統領とエリツィン・ロシア大
統領は、本日午後、軍縮問題について話し合い、声明を発表し
た。

 米ロ双方は今年秋第3次戦略兵器削減についての討議再開で
合意した。また、弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約の修
正問題と核ミサイル防御システム制限などの問題について再討
議で合意した。今回の会談は両国関係における「重要な新段階
の始まり」とされている。

 「人民日報」 1999年6月21日6面