米の「弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約」脱退に
ついて、ロシアは反対の立場を表明


 ロシア外務次官は10日、米国が「弾道弾迎撃ミサイル(A
BM)制限条約」から脱退することになれば、ロシア政府はほ
かの軍事協定において対抗措置をとると明らかにし、次のよう
に強調した。

 ロシアは「ABM制限条約」問題に関して、妥協、譲歩する
ことはあり得ない。原則的問題に関して、同条約の改訂に同意
することはなく、同条約に違反するような活動には一切参加し
ない。米国がABM制限条約から脱退するようなことになれば
、世界の安全体系を破壊することになり兼ねない。このような
事態が発生した場合、複雑な軍事および政治情勢が形成される
であろう。そうなればロシアは、攻撃戦略兵器協定に規定され
ている義務を担うことはない。

 「人民日報」 1999年11月12日6面