ヘッドラインニュース    2000.03.17

 
特 集 リンク
Service 広 告
ホームへ

国務院、西部開発弁公室を正式に設立

  国務院の西部開発指導者グループ弁公室がこのほど、正式に成立し、業務を開始する。曽培炎・国家計画委員会主任兼西部開発弁公室主任は、中央全体の配置に基づき、西部開発弁公室は今年、以下の4点を重点とする。

  1.今年年末までに、西部開発の全体計画を基本的に完成させる。

  2.西部開発を促進するための政策・措置を研究し、制定する。科学技術教育の力強い発展と人材導入のための政策を、重点的に研究する。

  3.インフラ施設建設を加速し、西部地区において新たな十大プロジェクトの建設を開始する。基礎条件の良い5つのプロジェクトを加速させ、西部開発にとって牽引的役割が強いインフラ設備のプロジェクトの前期活動とし、78の中型・大型プロジェクトの建設に、310億元を投入する。

  4.天然林の保護プロジェクトを引き続き実施し、休耕地における造林のテストケースに取り組む。

  曽培炎主任は、更に以下のように述べた。

  西部開発は、短期的な活動ではなく、何代もの人の努力によって、達成することができる。西部開発の加速は、市場メカニズムの役割を十分に発揮させ、全体的な計画や、科学的論証を前提として、特別に重点を置き、力を注いで行なわれ、着実に作業し、一歩ずつ進めていかなければならない。

  「人民日報海外版」 2000年3月17日1面

 


南京市、「1日も早い統一を望む」署名活動
金融統計、ローン残高の急速な伸びを示す
日本国際貿易促進会、中国の西部開発を投資の重点に
中国、西部地区の幹部を養成
台湾の嘉義で、マグニチュード5.2の自信が発生

HOME

click here!


[email protected]
Copyright(C) People's Daily