ヘッドラインニュース    2000.03.17

 
特 集 リンク
Service 広 告
ホームへ

金融統計、ローン残高の急速な伸びを示す

  中国人民銀行が16日発表した、月次金融統計レポートでは、以下のような特徴が明らかになった。

  今年1月から2月の2ヶ月間、中国の金融運営は順調で、ローン残高の増加スピードが加速した。また貯蓄高もかなり増え、2月度の貨幣供給量の伸び幅は若干縮小し、金融機関の貸付け能力は更に増強され、人民元レートも安定的に推移した。

  初歩的なデータによると、2月末の広義のマネーサプライ(M2)は、前年同期を12.8%上回り、12兆1583億元に上っており、前年末時点より1.9ポイント下落した。狭義のマネーサプライ(M1)は、前年同期を15.3%上回り、4兆4679億元となり、前年末時点より2.4ポイント下落した。

  データによると、貨幣供給量の伸び幅が緩慢となった主な原因は、流通する現金の伸び幅が大幅に縮小した影響が挙げられる。月末に流通していた現金(M0)は、前年同期を9.4%上回り、1兆3983億元で、前月比24.8%のマイナスとなった。全体的に見て、貨幣供給量の伸び幅の縮小は季節的な変動であり、情況は基本的に正常である。

  2月末、金融機関全体の各種のローン残高は、9兆4353億元で、比較可能な計算によると、前年同月のレベルを12.7%上回り、昨年末と比べ0.4ポイント増加した。金融機関全体の各種の貯蓄残高は、10兆9963億元で、前年同月を13.1%上回り、前月と比べ0.8ポイント増加した。そのうち企業の貯蓄残高は、15.7%増加して、3兆6011億元となり、一般市民の貯蓄残高は、9.7%増加して、6兆2270億元となった。

  「人民日報海外版」 2000年3月17日1面

 


国務院、西部開発弁公室を正式に設立
南京市、「1日も早い統一を望む」署名活動
日本国際貿易促進会、中国の西部開発を投資の重点に
中国、西部地区の幹部を養成
台湾の嘉義で、マグニチュード5.2の自信が発生

HOME

click here!


[email protected]
Copyright(C) People's Daily