■ 国 際    2000.04.25

 
特 集 リンク
Service 広 告
ホームへ

NPT会議がニューヨークで開幕

  「核不拡散条約(NPT)」2000年再検討会議が24日、ニューヨークの国連本部で開幕した。アナン事務総長は会議のあいさつで国連加盟国に対し、現有核兵器の削減、核拡散防止に「政治的承諾」を呼びかけた。

  アナン事務総長は「世界には3万5千件もの核兵器が存在しており、戦略的或いは戦術的核兵器に関する削減交渉は数年間中断したままとなっている。明らかに政治的願望に欠け、多角的な軍縮メカニズムには歪みが出始めている」と指摘した。

  さらに「過去数年、ある核保有国は核兵器の先制使用を主張し、また別の核保有国は核を持たない国に対する核兵器使用さえ排除してはいなかった」とし、「米国が進めるミサイル防衛システムは、1972年に米ソ(当時)両国が締結した『弾道弾迎撃ミサイル(ABM)条約』に違反し、新たな軍拡競争を招き、核軍縮と核不拡散にも逆行し、新たなミサイル拡散に火をつけるものだ」と述べた。

  アナン事務総長は今回の検討会議が次の4つの具体的目標を重視するよう期待を示した。(1)「包括的核実験禁止条約(CTBT)」の発効 (2)核兵器の大量削減、削減への潮流強化 (3)現存の非核地帯の強化、新たに非核地帯を拡張するための交渉 (3)非核保有国に対する拘束力のある安全保障 (4)核兵器と核燃料の透明度改善。

  「人民日報網絡版」2000年4月25日

 


ベトナム紙が米の人権を利用した内政干渉を非難
タイ紙「アジア日報」、日本の軍国主義復活に警戒

HOME

click here!


[email protected]
Copyright(C) People's Daily