ヘッドラインニュース    2000.07.12

 
特 集 リンク
Service 広 告
ホームへ

中国、米国にNMD計画の放棄を促す

  外交部の孫玉璽スポークスマンは11日、「中国政府は米国に対し人類に危害を及ぼす米本土ミサイル防衛システム(NMD)計画の放棄を促していく。中国は迎撃ミサイル分野の発展情勢に照らして、軍縮問題上の政策を決定する」と発表した。

  11日に開かれた外交部の記者会見で、米国のNMD実験の失敗について孫スポークスマンは「米国のNMD計画は世界の均衡と安定を破壊して核軍縮の流れを阻害し、国際的拡散防止の努力を破壊するだけでなく、新たな軍拡競争をまねく危険性があり、米国を含むすべての国家にとってマイナスとなる」と述べ、NMD配備で米国が技術的問題だけでなく、国際社会から非難を浴びていることを改めて指摘した。

  孫スポークスマンはさらに、「中国は平和を愛する国家だ。中国はこれまで通り国際的軍縮と拡散防止のプロセスを推進していく。中国は各国と同様に、先に述べた分野での国際協力に参加するには次の2つの基本条件が必要だ。(1)戦略的均衡と安定の維持、(2)本国の正当な安全利益を侵害しない」と指摘した。

  「人民日報網絡版」2000年7月12日

 


朱鎔基総理、欧州委員長と会談
外交部スポークスマン「中国は世銀業務の政治化に断固反対」
李嵐清副総理、科学研究機関の管理制度改革を要求
人民日報網絡版、「優秀な文化的ウェブサイト(ニュース部門)」に
国務院、情報産業発展のための新政策を制定

HOME

click here!


[email protected]
Copyright(C) People's Daily