■ 国 際    2000.07.20

 
特 集 リンク
Service 広 告
ホームへ

ロシア下院がロ朝友好条約を批准

  ロシアのプーチン大統領は19日午後、朝鮮民主主義人民共和国の金正日総書記(国防委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官)の招きに応じて平壌に到着、2日間の朝鮮訪問を開始した。ロシア大統領の訪朝は今回が初めて。

  ロシアの国家院(下院)では19日、全体会議を開き「ロ朝友好善隣協力条約」を批准した。

  ロシアのイワン・イワノフ外務次官は議会で同条約について「ロ朝双方は1995年、1961年に調印したソ朝条約がすでに失効したことを互いに伝えた。今年2月、イーゴリ・イワノフ外相が朝鮮を公式訪問した際にこれに代わる『ロ朝友好善隣協力条約』に調印し、両国関係を調整する唯一の文書となった。朝鮮側では4月6日に保留することなく批准を済ませている」と説明した。

  プーチン大統領が平壌に到着した当日に下院が条約を批准したことについて、ロシア世論はロシアが朝鮮との関係発展を重視していることの表れだと見ている。

  「人民日報」2000年7月20日6面

 


ロシアメディアがロ中首脳会談を称賛
韓国が韓朝閣僚級会談の開催を提案
米下院、対中NTR延長阻止法案を否決
イタリア外相、「中国は国際関係のバランスに重要」

HOME

click here!


[email protected]
Copyright(C) People's Daily