■ 国 際    2000.07.24

 
特 集 リンク
Service 広 告
ホームへ

オーストラリア元総理、NMDを非難「国際関係に悪影響」

  オーストラリアのキーティング元総理は22日、アメリカによる本土ミサイル防衛(NMD)システムについて、オーストラリアの国家利益は妨げられており、オーストラリアはこのシステムへの参加を拒絶するべきだと述べた。

  元総理は文書で、NMDシステムは間違った概念であるとし、このような防衛システムは世界、特にオーストラリアにとって脅威となるものだとの懸念を表明した。更に「オーストラリアはアメリカに、『(NMD配備)は誤ったやり方である。このようなシステムには我が国は参加したくない』と表明すべきだ」と述べている。

  元総理は、「アメリカが配備するNMDは『弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約』に違反しており、国際関係に悪影響を及ぼすものだ」とNMDを非難した。

  「人民日報」 2000年7月24日 6面

 


国連、全世界に児童エイズ問題への関心を呼びかけ
プーチン大統領がNMD計画への異議を表明

HOME

click here!


[email protected]
Copyright(C) People's Daily