■ 総 合    2000.08.21

 
特 集 リンク
Service 広 告
ホームへ

中国の宗教指導者代表団、アメリカを訪問

  中国の5大宗教の責任者7人から成る中国宗教指導者代表団はアメリカ友好訪問のため、21日北京を出発した。代表団は、各国の宗教指導者が参加して28日に国連で開かれる「世界平和ミレニアム大会」に出席する。

  中国カトリック教愛国会主席兼中国カトリック教主教団副団長を務める傅鉄山氏が、代表団団長を担当する。

  傅団長は北京出発に先駆け、「代表団はアメリカの宗教界や社会の人々と幅広く交流し、中国の宗教信仰の自由について紹介するなど、お互いの理解を深める。宗教指導者らは『世界平和ミレニアム大会』で、@宗教は国際社会で『包容、交流、対話、共存、進歩』の原則に基づいて、A宗教を利用した強権政治、覇権主義、民族分裂の扇動、社会紛争の誘導、カルト教団による宗教冒涜に反対すると主張する」と述べた。

  「人民日報網絡中心」 2000年8月21日

 


中国、当面の社会保障制度改革目標を発表

HOME

click here!


[email protected]
このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C) People's Daily