ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2000年11月17日16:34(北京時間)

  • プーチン大統領がロ米の核弾頭削減を提案


  • ロシア、米の非戦略的核兵器の欧州撤退を希望


  • ロシア、米国に核兵器の大幅削減を提案

      ロシアのプーチン大統領は15日、ブルネイでクリントン米大統領と会談し、米国に米本土ミサイル防衛システム(NMD)計画の停止を前提条件としながらも、核兵器を大幅に削減する構想を提案した。

      両首脳は会談では主にNMDや核軍縮などの問題について話し合った。

      報道によるとプーチン大統領は具体的数量については言及しなかったものの、これまでの兵器削減の枠組みを超えた規模のものであると見られている。ロシアはこれまでに両国の核弾頭をそれぞれ1500以下に削減することを提案している。

      クリントン大統領は引き続きこれまでの枠組みで兵器削減を行なっていく考えを示した。

      「人民日報」2000年11月17日6面


      中国語原文     ML中日網橋     自由発表



    広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

    このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
    [email protected]
    Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289