ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2000年11月24日17:13(北京時間)

  • プーチン大統領、「AMB制限条約の堅持は変わらず」


  • 中国、ABM制限条約の遵守と擁護を呼びかけ

      中国外交部の孫玉璽スポークスマンは23日、「関係諸国が国際社会による正義の呼びかけに耳を傾け、弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約を遵守し擁護していくこと、また世界のバランスを崩すようなABM制限条約見直し要求を早急に取り下げることを中国は希望する」と述べた。

      孫スポークスマンは記者会見で、「中国、ロシア、ベラルーシ、キルギスタンが提出していたABM制限条約の擁護と遵守に関する決議案が、今月20日の国連総会で、賛成88、反対5という圧倒的多数で採択された。昨年と比べると、今年はさらに多くの国が同決議案を支持したことになる(昨年の総会本会議では賛成80、反対4で採択)。これは世界の戦略的バランスと安定を擁護し、「本土ミサイル防御システム(NMD)」の開発と配備に反対するという国際社会の意思の現れだ。中国は同決議案の提案国の一つとして、賛成票を投じた国に心から感謝する」と述べた。

      「人民網」2000年11月24日


           ML中日網橋     自由発表



    広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

    このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
    [email protected]
    Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289