ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年02月01日16:01(北京時間)

中国が世界8位の貿易大国に

  昨年の輸出入総額の大きな伸びを受けて、中国の世界貿易ランキングが99年の9位から8位に躍進する可能性のあることが経済学者の試算でわかった。

  世界貿易機関(WTO)が発表した99年の同ランキングでは、貨物貿易において中国は輸出入総額3610億ドルで第9位。3880億ドルで8位のオランダに続いた。

  昨年のオランダの貿易成長率は15%程度とされており、15%で試算するとオランダの今年の貿易総額は4462億ドル。一方中国は4743億ドルとオランダより281億ドル多いことから、中国がオランダを抜いて8位に躍り出るという。

  これについて専門家は、貿易で8位になっても、中国は依然貿易「大国」であって貿易「強国」でないことに変わりはないと指摘する。経済規模では世界第7位の中国にとって、世界の貨物貿易の3%程度を占めるにすぎない状態は、中国の経済力に見合っていないという。

  中国の輸出商品の構造を見ると、技術価値の高いハイテク製品や高付加価値製品の割合が低く、世界10大輸出国の平均が40%程度であるのに対し、中国は15%程度にすぎない。中国の輸出が拡大しない根本的な原因に、こうした輸出商品の旧来型構造や技術価値の低さ、高付加価値製品が少ないことが挙げられる。このような問題の解決には、「科学技術による貿易振興」戦略の実施が必須であり、ハイテクを駆使して従来型輸出産業を改造し、技術価値や付加価値を向上させると同時に、ハイテク産業を発展させ、中国を貿易大国から貿易強国に転換することが求められている。

  「人民網日本語版」2001年2月1日

  中国語原文     ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289