ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年02月13日15:49(北京時間)

1月の個人貯蓄、伸び幅は昨年比1356億元増

  中国人民銀行の統計によると、1月の金融情勢は堅調な伸びを保った。安定した貨幣政策が作用していると人民銀行の関係者は見ている。

  1月末時点の金融機関全体の貸付残高は10兆1千億元で、昨年同期比14.3%増の高い伸びを示した。1月の貸付は全体で1285億元増加し、前年同期の伸び幅より605億元増。このうち、住宅、教育、消費に対する融資の伸び幅は同180億元増加した。

  1月末時点の金融機関全体の預金残高は12兆5千億元で同16%増。単月で1488億元の増加(前年同期の伸び幅より2101億元増)となった。このうち、個人貯蓄残高が6兆7千億元で同10.5%増。単月では2243億元増え(伸び幅は同1356億元増)、この2年間で最も大きな増加幅となった。消費の安定に加え株式取引日が減ったことから、年末収入の一部を貯金に回した人が増えたためと見られている。

  「人民網日本語版」2001年2月13日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289