ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年03月15日15:33(北京時間)

「日本に国連常任理事国の資格なし」 朝鮮代表団

  朝鮮民主主義人民共和国の国連常駐代表団は13日、ニューヨークの国連本部で声明を発表し、軍国主義を復活し、軍事大国を目指す日本に世界の平和と安全を主な任務とする国連安全保障理事会の常任理事国になる資格はないとして、日本の常任理事国入りに反対を表明した。

  朝鮮の国連常駐代表団は、日本が国連常任理事国入り目指して活発な活動を行っていることを受けて声明を発表し、「日本は過去の侵略と非人道的犯罪を公式に認めず、謝罪と賠償も行っていない。そして、未だに大東亜共栄圏の夢を実現するために、軍国主義の復活と軍事大国化を進めている」と指摘した。

  代表団はさらに日本の歴史教科書問題を取り上げ、「朝鮮やアジア諸国に対する侵略の歴史をわい曲して「解放戦争」「進出」という表現で侵略を公然と美化し、教科書の修正で侵略の罪行を覆い隠して次の世代に間違った教育を行おうとしている」と指摘した。

  そのうえで、常任理事国入りの条件として、朝鮮やアジア諸国に対する侵略の歴史を公式に認めて謝罪と賠償を行い、国際社会での信用を回復する必要があると強調した。

  「人民網日本語版」2001年3月15日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
info@peopledaily.co.jp
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289