ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年04月30日14:52(北京時間)

米国、同盟国とミサイル防衛配備について協議

  米政府高官は27日、米政府は、米本土ミサイル防衛(NMD)の配備について、来週から同盟国と話し合いを行うことを明らかにした。

  それによると、ブッシュ大統領は5月1日にワシントンの米国国防大学で、NMDの開発や配備、および核兵器削減などについて演説する。その後、大統領は同盟国の指導者に電話し、さらに人員を派遣してNMDについて話し合いを行う。

  米国はこれまでに、NMDの迎撃実験を3回行っている(1回目は成功、その後の2回は失敗)。米国防総省は今年2月、4回目の実験を5月か6月に行うことを発表している。

  「人民網日本語版」2001年4月30日

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289