ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年07月09日18:08(北京時間)

重点国有企業の利益、1〜5月に1千億元超える

  今年1〜5月、国家重点企業513社の生産と販売はいずれも高い伸びを示し、生産販売率は98.1%に達した。赤字は減少し、黒字は引き続き増加、利潤総額は1002億6千万元、税込み利益は2013億5千万元となった。しかし利益を上げている大手企業の増加率が鈍化したため利潤総額の伸び率は大きく落ち込み、前年同期と比べ87.2ポイント減少した。輸出の伸び率でも減少傾向に歯止めがかからず、同19.7ポイントの減少となった。国家経済貿易委員会経済情報センターの統計で明らかになった。

  利潤総額の8割以上が電信、石油、冶金、石化、電力、自動車の6大業種に集中した。これら業種の利潤総額は同30.2%増の計844億7千万元で、重点企業の利潤総額全体の84.3%を占めた。

  また赤字企業は減少し、赤字額も減少した。5月末時点のデータによると、513社のうち赤字企業は111社で前年同期より21社、4月末より15社減少した。企業の赤字率21.6%で同4.1ポイント減少、赤字額は66億4千万元で同16.5%減少した。

  「人民網日本語版」2001年7月9日

  

  中国語原文     ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289