ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年07月10日09:45(北京時間)

歴史教科書問題、日本の決定に強い不満 外交部

  外交部の章啓月報道官は9日、中国側が要求していた扶桑社の歴史教科書の修正について日本政府が「明らかな誤りとは言えず、歴史学界にもさまざまな意見がある」として、さらなる修正は行なわず、引き続き歴史に対する反省を続けていくと表明したことについて談話を発表した。

  章報道官は日本側の決定に対し「強い遺憾と不満」を表明したうえで、「すでに日本側に対して厳正な対応を求めている。日本の右翼勢力が編集したこの歴史教科書は、日本軍国主義が発動した侵略戦争を美化し否定するものであり、誤りは明らかだ。日本政府の決定は右翼勢力の肩を持つものであり、また歴史問題に対するこれまでの態度に反するもので、中国側は受け入れることはできない」と表明した。

  章報道官はさらに「日本側の行為は、歴史問題におけるアジア各国の人々の信頼を再び失わせるもので、日本の国際的イメージにも悪影響を与える。われわれは日本側にアジア各国の人々の声に真剣に耳を傾け、実際の行動で教科書問題を適切に処理するよう求める」と述べた。

  日本側は同日午後、外交ルートを通じて、中国側に歴史教科書のさらなる修正を行なわない考えを伝えた。日本側は同時に、同教科書の歴史認識と歴史観は政府の立場とは一致せず、日本国民の総意を代表するものではないとの立場を示した。

  「人民網日本語版」2001年7月10日

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289