ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年07月11日13:11(北京時間)

全国工業生産、上半期は11%増

  今年1〜6月の全国国有企業と年間売上収入が500万元以上の非国有企業の生産額(付加価値ベース、以下同)は前年同期比11%増の1兆2811億元となった。うち6月の生産額は同10.1%増の2398億元だった。

  資本形態別に見ると、国有工業は順調な伸びを示し、外資系企業は工業生産の伸び率に対する貢献度が最も高かった。1〜6月、国有および国有持株企業の生産額は前年同期比9.5%増、株式制企業は同11.8%増、外資系企業では同13.5%増となった。

  工業の生産と販売のバランスは基本的に安定を保ち、一部の業界では在庫が減少した。1〜6月の全国工業製品の売上率は96.75%で前年同期より0.12ポイント低下した。石炭、冶金、たばこ、石油採掘・加工など業種では生産販売率が98%を超えたが、工業全体では4月以降生産販売率は月を追って低下している。

  構造調整には新しい進展が見られた。石炭業界では供給過多の問題が若干解消し、1〜5月には業界全体で4億9千万元の利益を上げ(前年同期は9億3千万元の赤字)、長く続いた赤字から基本的に脱した。冶金業界では1〜5月、前年同期の2倍近くに上る45億3千万元の利益増加を達成、利益増加の多い業界順で2位になった。

  工業製品の輸出の伸びは大きく落ち込んだ。1〜6月、工業企業の輸出商品額は前年同期比11.1%増の7085億元となり、伸び率は前年同期を16.1ポイント下回った。輸出の伸び鈍化により、工業伸び率に対する貢献度は昨年上半期の25.4%(2.8ポイント)から今年は11.6%(1.3ポイント)に後退したと推算されている。

  1〜6月の全国発電量は前年同期比7.8%増、鉄道貨物輸送量は同7%増と、ここ数年では高い伸びを示した。

  「人民網日本語版」2001年7月11日

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289