ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年07月13日16:14(北京時間)

中国国防に対する日本の評価に反発、外交部

  外交部の章啓月報道官は12日の記者会見で、日本がこのほど発表した防衛白書について談話を発表した。

  章報道官は日本の防衛白書が「中国の軍事力は防衛のための需要をすでに上回っている」と評価していることについて、「中国は独立自主の平和外交政策を堅持し、軍事費は世界の主要大国と比較してこれまで低い水準にあった。中国の限られた軍事力は完全に防衛のためのものであって、いかなる国に対しても脅威を与えるものではない」と強調した。

  章報道官はさらに「日本政府が発行する防衛白書が中国の通常の国防建設についてこのような勝手な評価を下すのは道理にかなわない。両国の安全保障分野における相互理解と相互信頼にも役立たない」と述べ、これに対し遺憾の意と不満を表明した。

  「人民網日本語版」2001年7月13日

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289