ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年07月13日17:11(北京時間)

西部の対外開放、国務院が10大優遇策を発表

  中国の西部開発に関するビジネスチャンスと政策について話し合う国際シンポジウムが12日、香港のコンベンション&エキシビジョンセンターで開かれ、国家発展計画委員会の李子彬副主任(国務院西部地区開発指導グループ弁公室副主任)をはじめ、西部12省(自治区、直轄市)の西部開発弁公室の責任者らがシンポジウムに出席した。

  李副主任はシンポジウムで演説し、西部大開発実施の重点として水利建設、交通建設、エネルギー建設、通信・市政建設、生態建設、環境保護、農業発展、工業発展、サービス業の発展、科学技術教育と社会発展の10分野をあげた。国務院の関係部門はこれについて次の10大優遇政策を制定した。(1)外国投資企業の投資を奨励する分野の拡大(2)外国投資企業に対して税の優遇政策を実施する(3)サービス貿易の対外開放を進める(4)外国投資企業の投資ルートを拡大する(5)外資利用条件を緩和する(6)中国における外国投資企業の再投資を奨励する(7)外国投資企業の石油・天然ガス・鉱物資源以外の資源開発を奨励する(8)国家レベルの開発区を設立する(9)外国籍関係者の出入国手続きを簡素化する(10)投資のソフト環境を改善する。

  「人民網日本語版」2001年7月13日

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289