ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年07月14日13:05(北京時間)

上半期の外貨預金残高、引き続き増加傾向を維持

  中国人民銀行の統計によると、今年6月末までに、国内にある中国系金融機関の外貨預金残高は1340億ドルで、昨年同期に比べ17.9%増加したことが分かった。そのうち企業の外貨預金残高は485億3800万ドル(昨年同期比15.77%増)となり、個人の外貨預金残高は759億5800万ドル(同19.77%増)となった。

  また外貨貸付残高は832億500万ドルとなり、昨年同期に比べて33億1千万ドルの減少となった。そのうち短期貸付残高は211億4500万ドルで、昨年同期に比べ23億8500万ドルの減少。中長期貸付残高も246億7700万ドルとなり、昨年同期に比べて15億4500万ドル減少した。

  「人民網日本語版」2001年7月14日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289