ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年07月19日17:47(北京時間)

商品の供給過剰問題 緩和に向かう

  国家経済貿易委員会・貿易市場局などはこのほど、市場の主な商品603品目の需給について分析を行った。その結果、今年下半期はこれまで供給過剰気味だった一部の商品の需給が改善に向かうと予測された。603品目のうち82.92%(今年上半期比3.62ポイント減)が供給過剰と見られているが、その内の多くは地域的市場で需給バランスを保つと思われる。

  今回、統計と分析を担当したのは、国家経済貿易委員会・貿易市場局および中華全国商業情報センター。下半期は国による消費刺激政策が期待される。また今年は国債発行額1500億元が西部大開発関連に使用され、投資と需要の伸びが予想される。国内の供給過剰問題は解決されてはいないが、ここ数年市場の競争激化で、工業では各社の特徴が活用され、農業では構造調整が進んでいる。一般市民の消費ニーズは絶えず変化し、中国市場の需給関係は変化に富んでいることから、関係者は供給過剰な状態もまもなく改善されると分析している。

  調査の対象となった603品目のうち、家電製品の供給過剰が最も深刻だった。

  「人民網日本語版」2001年7月19日

  

  

  

  中国語原文     ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289