ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年07月27日15:26(北京時間)

「人民元預金利率の安定を強化」 貨幣政策委員会

  中国人民銀行(中央銀行)の貨幣政策委員会はこのほど北京で、第3四半期の定例総会を開催した。会議では、人民元の預金利率を引き続き安定させるとの方針が強調された。

  下半期の貨幣政策ではこれまで通り内需拡大を方針の柱として、連続性と安定性を守り、貨幣政策に必要なさまざまな方法を活用することで、通貨供給量を適切に増加させたいとの意見が出された。また、(1)全国の広義マネーサプライ(M2)増加率が13〜14%に、狭義マネーサプライ(M1)の増加率が15〜16%になる(2)金融機関の貸付金が1兆3千〜1兆4千億元増加する(3)預金と貸付金の全体量を年初に定めた目標の範囲内にコントロールできる――との予測を立てている。

  「人民網日本語版」2001年7月27日

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289