ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年10月10日14:14(北京時間)

  • 辛亥革命90周年記念大会、北京で開催


  • 新華社通信、辛亥革命90周年を記念する論評を発表


  • 辛亥革命90周年記念イベント、香港と台湾で展開




  • ニュースの背景:辛亥革命

      清朝政府が粤漢、川漢といった両鉄道の建築権(米国に譲渡されていたが、1905年、民間人により買い戻した)英、米、独、仏の四カ国に譲渡する契約を結ぶため、幹線鉄道の国有化を宣言したことに対し全国で反対運動が盛り上がり、1911年10月10日、文学社と共進会が湖北省武漢で挙兵する事件が起こった(武昌蜂起)。武昌蜂起はやがて全国的な革命運動に発展、1911年が旧暦の辛亥の年にあたることから辛亥革命と呼ばれた。

      翌1912年1月1日、孫中山(孫文)を臨時大総統とする中華民国臨時政府が南京で成立。南京臨時政府は臨時参議院を設立し、共和国的性質を備えた「中華民国臨時約法」を制定。同年2月12日に清朝皇帝は退位した。

      辛亥革命は清朝の封建的政府を打倒、数千年続いた君主制度に終止符を打ち中華民国を設立した。辛亥革命は中華民族の思想を解放し、知識人の救国救民に新たな道を切り開いた。封建主義や帝国主義に抑圧される中国の社会現実や国民の悲惨な境遇を変えることはできなかったものの、中国の発展に向けた新たな一歩として重要な意義を持つ。

      「人民網日本語版」2001年10月10日

      

           ML中日網橋     自由発表



    広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

    このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
    [email protected]
    Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289