ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去のニュース
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2001年10月11日11:39(北京時間)

中国人密入国者の死体を韓国人船員が海に遺棄 外交部がコメント

  韓国に密入国しようとした中国人60人のうち、25人が船内で窒息死し、船員らがこれらの死体を海に捨てた事件について、外交部の孫玉璽報道官は10日次のようにコメントした。

  韓国側からの通報によると、密入国のため韓国へ向かう船上、中国人25人が密閉された倉庫の中で窒息死し、韓国人船員が25人の死体を海に捨てた疑い。韓国の警察当局は、生存している35人の身柄を拘束したほか、事故船舶の第7テチャン号船長の李判根(イ・パングン)容疑者(43)ら韓国人船員を検挙した。(調べによると同船舶は船長・船員9人が操業する漁船で2つの倉庫にそれぞれ34人、26人が隠れていたことが分かった。 死亡した25人は換気器具のない広さ3坪の倉庫に隠れていた。)中国政府はこの事件を極めて重視しており、外交部の担当部門は外交ルートを通じて迅速に韓国側と連絡を取り、われわれの関心の高さを表明するとともに、韓国政府に対して、速やかに事実を解明し、関係者を特定するほか、状況を速やかに報告するよう要請した。駐韓国中国大使館も事件現場に関係者を派遣しており、生存者を見舞い、さらなる事態掌握に努めている。

  これは国際犯罪組織による密入国事件であるとして、中国政府は、犯罪組織が生命を軽視し、死体を遺棄し、このような非人道的犯罪行為に走ったことについて、強烈な怒りを感じ、非難を表明する。また犠牲者および関係者には深い追悼の念を示す。中国政府は一貫して密入国には反対しており、あらゆる密入国犯罪を厳しく取り締まるだけでなく、各国および国際組織との積極的な協力を展開している。中国政府は韓国側に対して、事件を徹底的に調査すると同時に、組織的な密入国犯罪組織を取り締まり、適切な措置を講じ事件を速やかに解決するよう求める。

  「人民網日本語版」2001年10月11日

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289