ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年01月18日17:28(北京時間)

ドイツの心理学者 独り言は心身の健康維持に効果的

  ドイツの心理学者の研究によると、独り言は緊張をほぐす効果あり、心身の健康維持に好ましいことが分かった。独り言には次のような効果がある。

  1.自分の声を聞くことによって安定すると同時に人間同士の触れ合いを感じることができ、落ち着く。

  2.大声で自分と対話すると、大脳の思考の乱れが整理され、緊張と疲労をほぐすことができる。

  3.独り言の最中は、他人と話をしているときと同様、考えをまとめて述べている。その過程でたまっていた憂鬱な気分が解消され、心理的バランスが回復される。

  4.睡眠の質を改善することができる。独り言はある種のストレス発散手段であるため、心の中の混乱や矛盾が解消され、悪夢にうなされることなく良く眠れるようになる。

  「人民網日本語版」2002年1月18日

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289