ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年02月04日15:39(北京時間)

インテルのチップに中国が開発参加のコンパイラを導入

  中国で最も権威のあるコンピューター技術開発センターである中国科学院計算所とインテル社は4日、共同開発しているコンパイラが今後10〜20年の間に、インテルが生産する主流のチップ上で使用されるようになることを発表した。世界最先端のコンピューターチップに中国の開発した製品が導入されるのは、今回が初めて。

  このコンパイラは「公開命令セット式IA−64コンパイラ」と呼ばれ、中国大陸部の科学者とインテルの共同開発による初の製品。

  インテルのパット・ゲルシンガー副社長は、このコンパイラの導入により、インテルの最新式マイクロプロセッサーのフレームワーク上の飛躍的改良が実現されるだけでなく、中国のCPU生産に大きな影響をもたらすだろうと述べた。

  コンパイラ開発プロジェクトを担当する研究グループの主任を務める呉承勇博士は、コンパイラと関連技術は、中国科学研究院計算所の高性能CPU開発プロジェクトに大きく役立つだろうと語った。

  「人民網日本語版」2002年2月4日

  

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289