ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年04月06日11:23(北京時間)

  • 李鵬委員長、川口外相と会見


  • 李鵬委員長、自民党幹事長と会見


  • 李鵬委員長、日本の「中国脅威論」を否定




  • 李鵬委員長、小泉首相と会談



      日本を公式訪問している全国人民代表大会常務委員会の李鵬委員長は4日午前、首相官邸で小泉純一郎首相と会談した。

      李鵬委員長は「世界では多極化が進むとともに、経済のグローバル化が時代の流れとなり、地域協力も急速に進展している。このような情勢の下、両国が各分野での友好協力を強化することは、両国の根本的利益に合致するだけでなく、アジアの発展と繁栄にも役立つ」と述べ、中日関係の今後の発展に期待を示した。

      中国の急激な成長が日本にとって脅威になるとする「中国脅威論」について小泉首相は、「日本にも高度成長期があり、日本だけでなくその他の国にも相互の経済協力拡大のチャンスを与えた。中国の発展に対しては積極的にとらえるべきだ」と述べ、この考えを否定した。

      小泉首相はさらに「両国の経済にはそれぞれの優位性があり、相互に補完し合うことができる。特に中国は世界貿易機関(WTO)に加盟し、今後はさらに高いレベル、広範な分野で協力を強化し、共同発展と相互補完を実現して、互いに有益な関係を築いていかなくてはならない。両国の発展はアジアや世界経済の発展に積極的役割を果たす。日中友好関係は日本にとって極めて重要であり、小泉内閣は新世紀の日中友好関係の発展にさらに努力していくつもりだ」と述べた。

      また李鵬委員長は「日本経済が一日も早く回復するよう希望する」と述べ、日本が進める構造改革に支持を表明した。

      小泉首相は年内に訪中を予定していることを明らかにした。

      「人民網日本語版」2002年4月5日

      

           ML中日網橋     自由発表



    広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

    このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
    [email protected]
    Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289