ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年04月05日17:19(北京時間)

中日国交正常化30周年 日本から1万人が訪中

  日本を公式訪問している全国人民代表大会常務委員会の李鵬委員長は4日午後、公明党と神崎武法代表、保守党の野田毅党首とそれぞれ会見した。

  会見で神崎代表は「21世紀を迎え、両国が未来に向けた友好関係を発展させていくためには、若い世代の教育に力を入れ、両国の伝統的友好関係を次の世代に伝えていくことが非常に重要だ」と指摘した。

  また野田党首は「保守党は他の政党とともに日中国交正常化30周年を祝う議員の会を発足した」と述べ、議員の会を通じた両国関係の発展に期待を示した。会見に同席した保守党の二階俊博幹事長は、両国の国交正常化30周年を盛大に祝うため、今年9月に日本側から1万人を中国に派遣、中国側からも5千人が訪日する計画を紹介した。

  李鵬委員長は「両国の人々が友好関係を世々代々伝えていくため、われわれは共に条件を築いていく必要がある。中日両国の若手議員を含む政治家たちは、交流を強化し、相互理解と相互信頼を深めていかなくてはならない」と強調した。

  「人民網日本語版」2002年4月5日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289