ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年04月05日17:19(北京時間)

  • 中日国交正常化30周年 日本から1万人が訪中


  • 李鵬委員長、21世紀の中日関係の強化を強調


  • 李鵬委員長、日中友好団体の役割を評価




  • 李鵬委員長、民主党の歴史認識を評価

      日本を訪問している全国人民代表大会常務委員会の李鵬委員長は4日午前、民主党の鳩山由紀夫代表、同党の羽田孜特別代表(元首相)らと会談した。李委員長は「民主党は過去の不幸な歴史に対し正確な認識を持っている」と高く評価したうえで、同党が中日関係の健全で安定した発展に有益な役割を果たしていくことに期待を表明した。

      これに対し、鳩山代表は民主党の現状について、「日本の各党派の中でも若い政党であり、党員の平均年齢も若い。民主党は日中友好の伝統を継承していく重い責任を背負っている」と述べた。

      「人民網日本語版」2002年4月5日

           ML中日網橋     自由発表



    広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

    このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
    [email protected]
    Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289