ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年04月06日10:46(北京時間)

李鵬委員長、日本共産党との良好な関係維持に期待

  日本を公式訪問している全国人民代表大会常務委員会の李鵬委員長は5日午前、日本共産党の志位和夫委員長、社民党党の土井たか子党首とそれぞれ会見した。

  会見で志位委員長は「日本共産党は中日関係で2つの基本原則を堅持している」述べ、過去の侵略の歴史に対する反省と一つの中国の原則堅持を強調した。

  日本共産党と社民党が「日本は平和と発展の道を歩み、歴史問題や台湾問題で正しい立場を堅持すべきだ」とする立場を表明したことに対し、李鵬委員長は両党の立場を称賛。日本共産党と社民党の両党が、中日友好関係の発展に引き続き積極的な役割を果たしていくよう希望した。李鵬委員長はそのうえで、「中国共産党は独立自主、完全平等、相互尊重、内部不干渉の4つの原則を基礎に、引き続き両党と新たな関係を築いていきたい」と述べた。

  「人民網日本語版」2002年4月6日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
info@peopledaily.co.jp
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289