ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年11月06日13:53(北京時間)

用語:三講教育

  江沢民総書記が1995年11月に提起した思想教育運動。党幹部の現状や問題を踏まえ、党幹部は「学習」「政治」「正しい気風」の3つを重んじるべきだとする内容。全国の党幹部がこの3つを重んじ、特に北京は先導的役割を果たす必要があると強調した。同月25日付の人民日報は「学習、政治、正しい気風を重んじよ」とする論評を掲載し、(1)「学習を重んじる」とは、主に理論や知識、技術に関する学習であり、まず理論を学習しなければならない(2)「政治を重んじる」とは、政治の方向性、政治的立場、政治紀律、政治的識別力、政治的敏感性を含む(3)「正しい気風を重んじる」とは、長期にわたる革命や建設事業の中で形成された正しい伝統、正しい作風を継承・発揚し、真理と原則を堅持、ゆがんだ邪気や各種腐敗現象と戦っていくこと――と解説した。1996年に開かれた共産党の第14期中央委員会第6回全体会議では、県・処レベル以上の幹部を対象に、こうした「三講教育」を実施することを決定した。

  2000年12月17日には全国三講教育工作総括会議が北京で開かれ、江沢民主席が三講の集中教育が基本的に終了したことを宣言した。

  「人民網日本語版」2002年11月6日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6509-2289