ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年11月18日16:50(北京時間)

第16回党大会報告(九) 国際情勢と対外活動

  平和と発展は依然として当面の時代のメーン・テーマである。平和を擁護し、発展を促進することは、各国人民の福祉にかかわるものであり、各国人民の共通の願いであり、阻むことのできない歴史の流れでもある。世界の多極化と経済のグローバル化の趨勢の発展は、世界の平和と発展にチャンスとプラスの条件をもたらすことになった。新たな世界大戦は予見できる範囲においては起こることはない。かなり長期の平和な国際環境と良好な周辺環境をめざすことは実現可能であろう。

  しかしながら、不公正な、不合理な国際政治・経済の旧秩序は根本的には変わっていない。平和と発展に影響をおよぼす不確定要素が増えている。安全への従来の脅威と安全への新たな脅威の要素は相互に交錯しあっており、テロリズムの害が上昇している。覇権主義と強権政治は新しい表われ方を示している。民族、宗教矛盾、国境・領土係争によって誘発される局地衝突が相継いで発生している。南北の格差は一段と広がっている。世界はまだ非常に不安寧で、人類は数多くの厳しい挑戦に直面している。

  国際情勢がいかに変化しようとも、われわれは終始変わることなく独立自主の平和外交政策を実行する。中国の外交政策の宗旨は、世界の平和を擁護し、共同の発展を促進することである。われわれは各国人民とともに、世界の平和と発展という崇高な事業を推進していくことを願っている。

  われわれは歴史の流れに順応し、全人類共通の利益を擁護することを主張する。われわれは国際社会とともに努力して、世界の多極化と諸勢力の調和のとれた共存を積極的に推進し、国際社会の安定を守ることを願っている。経済のグローバル化がともに繁栄することの実現にプラスとなる方向にむかって発展するよう積極的に推進し、プラス面を生かして、マイナス面を避け、各国とりわけ発展途上諸国がメリットを得るようにする。

  われわれは公正で合理的な国際政治経済の新秩序を確立することを主張する。各国が政治面では相互に尊重し合い、ともに協議し合うべきであり、自分の意志を人におしつけるべきではない。経済面では互いに促進しあい、ともに発展すべきであり、貧富の格差を拡大すべきではない。文化面では相互に参考としあい、ともに繁栄すべきであり、他の民族の文化を排斥すべきではない。安全面では互いに信頼しあい、ともにそれを擁護し、相互信頼、互恵、平等と協調の新たな安全意識を樹立し、対話と協力を通じて係争を解決し、武力あるいは武力による脅威を用いるべきではない。さまざまな形の覇権主義と強権政治に反対する。中国は永遠に覇権を唱えず、永遠に拡張を行わない。

  われわれは世界の多様性の擁護を主張し、国際関係の民主化と発展方式の多様化を提唱する。世界は豊富多彩である。世界のさまざまな文明、異った社会制度や発展の道については互いに尊重し合い、競争と比較を通じて長所を取り入れ、短所を補い、同を求め、異を残す中でともに発展して行くべきである。各国の事は各国人民がみずからで決め、世界の事は各国が平等に協議すべきである。

  われわれはいかなる形のテロリズムにも反対することを主張する。テロ活動を防止し、それを取り締まるには、国際協力を強化し、表層から手をつけると同時に根本的解決をはかり、テロリズム発生の根源を取り除くことに努めなければならない。

  われわれは引き続き先進諸国との関係を改善し、発展させ、各国人民の根本的利益を重んじ、社会体制とイデオロギーの違いにこだわることなく、平和共存五原則をふまえて、共通の利益の接点を広げ、不一致点を適切に解決する。

  われわれは引き続き善隣友好を強化し、善意をもって隣国に対処し、隣国を仲間と見なすことを堅持し、地域間の協力を強化し、周辺諸国との交流と協力を新たなレベルへと推し進める。

  われわれは引き続き第三世界との連帯と協力を強化し、相互理解と相互信頼を増進させ、相互援助と相互支援を強化し、協力の分野を広げ、協力の効果を向上させる。

  われわれは引き続き多国間の外交活動に積極的に参与し、国連およびその他の国際的、地域的組織の中で役割を発揮し、自国の正当な権益を守ろうとする発展途上国を支持する。

  われわれは引き続き独立自主、完全平等、相互尊重、相互内部事情不干渉の原則を堅持して各国、各地域の政党や政治組織との交流と協力を発展させる。

  われわれは引き続き民間外交を広く展開し、対外文化交流を拡大し、人民の間の友好を増進させ、国家関係の発展を推進する。

  世界は光明と進歩の目標に向かって邁進している。その道は曲がりくねっているが、前途は明るい。平和の力、正義の力、進歩の力は究極的にはうち負かすことのできないものである。

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6509-2289