ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年11月18日16:50(北京時間)

第16回党大会報告(八) 「一国二制度」と祖国の完全統一の実現

  祖国の完全統一を実現することは国内外の中華民族の子孫の共通の願いである。われわれは香港問題と澳門問題を成功裏に解決したうえ、現在、台湾問題の早期解決、祖国の完全統一の大事業のために引き続き奮闘している。

  香港と澳門の祖国復帰は、「一国二制度」の理論と実践を豊富にした。事実が立証しているように、「一国二制度」の方針は正しいものであり、強大な生命力を持っている。われわれは確固としてこの方針を実行し、厳格に香港基本法と澳門基本法に基づいて事をはこび、香港・澳門両特別行政区の行政長官と政府の仕事を全力をあげて支持し、香港・澳門の各界の人々と広く結束し、ともに香港と澳門の繁栄、安定と発展を維持し、促進するものである。

  われわれは「平和的統一、一国二制度」の基本方針および現段階における海峡両岸関係を発展させ、祖国の平和的統一を推し進める八項目の主張を堅持し、台湾同胞とともに、海峡両岸の人的往来と経済、文化などの分野の交流を強化し、台湾の分裂勢力に断固反対する。海峡両岸関係の基本的枠ぐみおよび発展趨勢は変わってはいない。台湾同胞の平和を求め、安定を求め、発展を求める願いは日ましに強まっている。台湾の分裂勢力の分裂活動は人心を得るものではない。

  一つの中国の原則を堅持することは、海峡両岸関係を発展させ、平和統一を実現するための基礎である。世界には一つの中国しかない。大陸と台湾はともに一つの中国に属し、中国の主権と領土保全は不可分である。「台湾独立」、「二つの中国」、「一つの中国、一つの台湾」を作り出そうとするいかなる言論と行動にもわれわれは断固反対する。台湾の前途は祖国の統一にかかわっている。対話をくりひろげ、平和統一について交渉を行うことは、われわれの一貫した主張である。われわれは、一つの中国という原則をふまえ、あれこれの政治的争点をひとまず棚上げして、海峡両岸の対話と交渉をできるだけ早く回復するよう重ねて呼びかける。一つの中国の前提のもとで、いかなる問題でも話合うことができる。海峡両岸の敵対状態を正式に終結させる問題を話合うことができるし、世界における台湾地区の身分に相応する経済的、文化的、社会的活動の空間の問題について話合うことができるし、台湾当局の政治的地位などの問題についても話合うことができる。われわれは台湾の各党派、各界の人々と海峡両岸の関係の発展、平和的統一の推進について意見を交換したいと考えている。

  台湾問題の解決、祖国の完全統一の実現にあたって、われわれは台湾同胞に希望を寄せている。台湾同胞には栄えある愛国主義の伝統があり、海峡両岸関係を発展させる重要な力である。われわれは台湾同胞の生活様式と主人公としての気持ちを十分に尊重する。海峡両岸は交流と往来を拡大し、ともに中華文化のすぐれた伝統を広め、高揚させるべきである。両岸の直接通信、通航、通商を実現することは両岸同胞の共通の利益にかなうことであり、当然、実際的段取りをとって積極的に推進し、両岸経済協力の新たな局面を切り開くべきである。

  「一国二制度」は両岸の統一をめざす最善の方式である。両岸の統一後、台湾は現在の社会制度を変えることなく保ちつづけ、高度の自治を実施することができる。台湾同胞の生活様式は変らず、身近な利益は十分に保障され、永久に太平を享受する。台湾の経済は真に祖国大陸を後背地として広々とした発展の空間を得ることになろう。台湾同胞は大陸同胞と一緒に国を管理する権利を行使し、ともに世界における偉大な祖国の尊厳と栄誉を享受することができる。

  二三〇〇万人の台湾同胞はわれわれの血のつながった兄弟であり、われわれほど平和的方式による台湾問題の解決を望むものはどこにもいない。われわれは引き続き「平和的統一、一国二制度」の基本方針を堅持し、八項目の主張を貫き、最大の誠意を持って、最大の努力を払って、平和的統一の前途をかち取るよう努める。われわれは決して武力行使の放棄を約束はせず、これは台湾同胞に向けられたものではなく、中国の統一に干渉する外国勢力および「台湾独立」を企む台湾の分裂勢力の画策に向けられたものである。祖国の統一の擁護は中華民族の根本的利益にかかわるものであり、中国人民は国家の主権と領土の保全を躊躇することなく守り抜き、いかなるものの、いかなる方式による台湾を中国から切り離そうとすることも許さない。

  国家は統一しなければならない、民族は復興しなければならない、台湾問題は無期限に引き延ばすことはできない。われわれはすべての中華民族の子孫がともに努力することにより、祖国の完全統一は必ずや早期実現できるものと確信している。

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6509-2289