ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年11月19日11:10(北京時間)

中国共産党規約 総綱

  (中国共産党第十六回全国代表大会で一部改正のうえ、二〇〇二年十一月十四日に採択)

  総 綱

  中国共産党は中国労働者階級の前衛部隊であると同時に、中国人民と中華民族の前衛部隊であり、中国の特色のある社会主義事業を指導する中核であり、中国の先進的生産力の発展の要請を代表し、中国の先進的文化の前進する方向を代表し、中国の最も広範な人民の根本的利益を代表する。党の最高の理想と最終の目標は共産主義を実現することである。

  中国共産党はマルクス・レーニン主義、毛沢東思想、ケ小平理論と「三つの代表」という重要な思想をみずからの行動の指針とする。

  マルクス・レーニン主義は、人類社会の歴史の発展法則を明らかにし、その基本原理は正しいものであり、強大な生命力がある。中国の共産主義者が追求している共産主義の最高の理想は、社会主義社会が十分に発展をとげ、高度に発達した基礎のうえではじめて実現されるものである。社会主義制度の発展と充実は長期にわたる歴史的過程である。マルクス・レーニン主義の基本原理を堅持し、中国人民が自由意思で選択した中国の国情に適した道を歩めば、中国の社会主義事業は必ずや最終的勝利を勝ち取るにちがいない。

  毛沢東同志を主な代表とする中国の共産主義者は、マルクス・レーニン主義の基本的原理を中国革命の具体的実践と結び付けて、毛沢東思想を創立した。毛沢東思想は、マルクス・レーニン主義の中国における運用と発展であり、実践によって立証されているように、中国の革命と建設についての正しい理論的原則と経験の総括であり、中国共産党の集団の英知の結晶である。毛沢東思想の指導のもと、中国共産党は全国各民族人民を指導して、帝国主義、封建主義、官僚資本主義に反対する長期にわたる革命闘争を経て、新民主主義革命の勝利を勝ち取り、人民民主主義独裁の中華人民共和国を打ち立てた。建国後においては社会主義的改造を順調に進め、新民主主義から社会主義への移行を達成し、社会主義の基本制度を確立し、社会主義の経済、政治と文化を発展させてきた。

  十一期三中全会以来、ケ小平同志を主な代表とする中国の共産主義者は、建国以来の成功と失敗の両方の経験を総括し、思想を解放し、実事求是をむねとして、全党の活動の中心の経済建設への移行を実現し、改革開放を実行し、社会主義事業の発展の新たな時期を切り開き、中国の特色のある社会主義を建設する路線、方針、政策を逐次形成し、中国で社会主義を建設し、社会主義を強固にし、発展させる基本問題を解明し、ケ小平理論を打ち立てた。ケ小平理論はマルクス・レーニン主義の基本原理を現代中国の実践および時代の特徴と結びつけた産物であり、新たな歴史的条件における毛沢東思想を継承、発展させたものであり、中国におけるマルクス主義の新たな発展段階であり、現代中国のマルクス主義であり、中国共産党の集団の英知の結晶であり、わが国の社会主義現代化の事業を絶えず前進させるように導いている。

  十三期四中全会以来、江沢民同志を主な代表とする中国の共産主義者は、中国の特色のある社会主義を建設する実践の中で、社会主義とは何か、いかに社会主義を建設するか、どのような党を建設すべきか、どのように党を建設するかについての認識を深め、党を治め、国を治めるために新たに貴重な経験を積みあげ、「三つの代表」という重要な思想を形成した。「三つの代表」という重要な思想はマルクス・レーニン主義、毛沢東思想、ケ小平理論に対する継承と発展であり、現代における世界と中国の発展・変化の党と国の仕事に対する新たな要請を反映するものであり、党建設を強化、改善し、わが国の社会主義の自己完成と発展を推進する強大な理論的武器であり、中国共産党の集団の英知の結晶であり、党が必ず長期にわたって堅持しなければならない指導思想である。終始「三つの代表」を貫くことは、わが党の立党の本、執政の基礎、力の源泉である。

  わが国は現在、そして長期にわたって社会主義の初級段階にある。これは経済、文化の立ち遅れた中国で社会主義現代化の建設を進めるにあたって飛び越えることのできない歴史的段階であり、百年を超える期間を必要とする。わが国の社会主義建設は、必ずわが国の国情から出発し、中国の特色のある社会主義の道を歩まなければならない。現段階においては、わが国社会の主要な矛盾は、人民の日増しに増大する物質・文化面の必要と立ち遅れた社会的生産との間の矛盾である。国内的要因と国際的影響によって、階級闘争はなお一定の範囲内において長期にわたって存在し、ある条件の下では激化する可能性もあるが、既に主要な矛盾ではなくなった。わが国の社会主義建設の根本的任務は、さらに生産力を解放し、発展させ、社会主義現代化を逐次実現し、またそのために生産関係と上部構造の中にある生産力の発展に照応しない分野と部分を改革することである。公有制を主体とし、多種類の所有制の経済がともに発展をとげる基本的経済制度を堅持し、それを充実せ、労働に応じた分配を主体とし、多種多様な分配方式が共存する分配制度を堅持し、それを充実させ、一部の地域と一部の人が先に豊かになることを奨励し、逐次貧困をなくし、ともに豊かになることを実現し、生産の発展と社会の富の増大を踏まえて人民の日増しに増大する物質・文化面の必要を絶えず満たさなければならない。発展ということを党の執政と国の振興における第一の重要任務とする。諸般の活動は、社会主義社会の生産力の発展に役立つかどうか、社会主義国の総合国力の増強に役立つかどうか、人民の生活水準の向上に役立つかどうか、これを全般的な出発点と検証の基準にしなければならない。新しい世紀に入り、わが国はいくらかゆとりのある社会を全面的に築き上げ、社会主義現代化の進捗を加速する新たな発展段階に入った。新しい世紀の新たな段階における経済と社会の発展の戦略目標は、すでに初歩的に達成したいくらかゆとりのあるレベルを固め、発展させ、党創立百周年の際には、十数億の人口にメリットをもたらす、より高いレベルのいくらかゆとりのある社会を築き上げ、さらに建国百周年の際には、一人あたりの国内総生産(GDP)が中程度の発展をとげた国のレベルに達し、現代化を基本的に実現することである。

  中国共産党の社会主義初級段階における基本路線は、全国各民族人民を指導し、結束させて、経済建設を中心とし、四つの基本原則を堅持し、改革開放を堅持し、自力更生と刻苦創業によって、わが国を富強、民主、文明の現代化の社会主義国に築き上げるために奮闘することである。

  中国共産党は、社会主義事業を指導するにあたって、経済の建設を中心とし、その他の諸活動をこの中心に従わせ、奉仕させることを堅持しなければならない。タイミングを逸することなく発展を速め、科学・教育による国の振興の戦略と持続可能な発展の戦略を実施し、第一の生産力としての科学技術の役割を十分に発揮させ、科学技術の進歩に依拠し、勤労者の資質を向上させ、高効率、良質、急テンポをめざして、経済の建設を推し進めるように努めなければならない。

  社会主義の道を堅持し、人民民主主義独裁を堅持し、中国共産党の指導を堅持し、マルクス・レーニン主義と毛沢東思想を堅持するという四つの基本原則は、われわれの立国の本である。社会主義現代化の建設の全過程において、四つの基本原則を堅持し、ブルジョア階級の自由化に反対しなければならない。

  改革開放を堅持することは、われわれが国を強大にするにあたって必ず経なければならない道である。生産力の発展を束縛している経済体制を根本から改革し、社会主義市場経済体制を堅持し、それを充実させなければならない。またこれにあわせて、政治体制の改革とその他の分野の改革を行わなければならない。開放には、対外と対内の全面的開放が含まれる。対外的経済技術の交流と協力を発展させ、外部の資金、資源、技術をより多くよりよく活用し、西側先進諸国のすべての現代の社会化した生産の法則を反映する先進的な経営方式と管理方法を含めた、人類社会が創造したすべての文明の成果を吸収し、参考にしなければならない。改革開放にあたっては、大胆に模索し、勇敢に開拓し、実践の中で新しい道を切り開くべきである。

  中国共産党は人民を指導して、社会主義の民主政治を発展させ、社会主義の政治文明を築き上げる。社会主義の民主の拡大することを堅持し、社会主義の法秩序を整備し、法律に基づいて国を治め、社会主義の法治国家を建設し、人民民主主義独裁を強固なものにしていく。人民代表大会制度を堅持し、共産党の指導する多党合作制と政治協商制度を堅持する。人民が主人公となることを積極的に支持し、人民が国の事柄と社会の事柄を管理し、経済と文化事業を管理する権利を確実に保障する。意見発表のチャンネルを広く切り開き、民主的意思決定、民主的監督の制度と手続きを確立し、健全にする。国の立法と法律実施の仕事を強め、国の諸般の活動を逐次法制化の軌道に乗せる。社会の治安面の総合的整備を強め、社会の長期的安定を保つ。法律に基づいて国の安全と利益を害し、社会の安定と経済の発展を害する犯罪行為と犯罪者を断固として取り締まる。敵味方の矛盾と人民内部の矛盾という性質の異なった二種類の矛盾を厳格に区別し、正しく処理する。

  中国共産党は人民を指導して物質文明、政治文明を建設すると同時に、社会主義の精神文明の建設にも努め、法律に基づいて国を治めることと徳によって国を治めることとの結合を実行する。社会主義の精神文明の建設は、経済建設と改革開放に強大な精神力と知的支援を与え、望ましい社会環境を作り出すものである。教育、科学、文化の事業の発展に大いに力を入れ、知識と人材を尊重し、全民族の思想・モラルの資質と科学・文化面の資質を高め、民族の優れた伝統的文化を高揚し、社会主義の文化を繁栄させ、発展させるべきである。党の基本路線と愛国主義、集団主義、社会主義の思想で党員と人民大衆を教育し、民族がみずからを尊び、自信に燃え、向上精神を強め、党員に対しては、さらに共産主義の遠大な理想の教育を行い、資本主義と封建主義の腐敗した思想の侵食を防ぎ止め、さまざまな社会の醜い現象を一掃し、わが国の人民が理想、モラル、教養、規律のある人民となるよう努めなければならない。

  中国共産党は、人民解放軍とその他の人民武装力に対する指導を堅持し、人民解放軍の建設を強化し、人民解放軍が国防の強化、祖国の防衛および社会主義現代化建設に参加する中での役割を十分に発揮させる。

  中国共産党は国内各民族の平等、団結、相互協力の関係を擁護し、発展させ、民族区域自治制度の実行を堅持し、それを絶えず充実させ、積極的に少数民族の幹部を養成、選抜し、各少数民族地区の経済、文化の発展を助け、各民族の共同の繁栄と全面的進歩を実現する。

  中国共産党は全国各民族の労働者、農民、知識人と結束し、各民主党派、無党派の人士、各民族の愛国的勢力と団結して、すべての社会主義的勤労者、社会主義を支持する愛国者、祖国の統一を擁護する愛国者からなる最も幅広い愛国統一戦線を一層発展させ、拡大する。香港特別行政区の同胞、澳門特別行政区の同胞、台湾同胞および海外の華僑同胞を含めた全国人民の団結をたえず強化する。「一国二制度」の方針に基づいて、祖国統一の大業を達成する。

  中国共産党は積極的に対外関係を発展させることを主張し、わが国の改革開放と現代化建設に有利な国際環境を作るよう努力する。国際問題においては、独立自主の平和外交政策を堅持し、わが国の独立と主権を守り、覇権主義と強権政治に反対し、世界の平和を守り、人類の進歩を促進する。主権および領土保全の相互尊重、相互不可侵、相互内政不干渉、平等互恵、平和共存の五原則を踏まえて、わが国と世界各国との関係を発展させる。わが国と周辺諸国との善隣友好関係を絶えず発展させ、発展途上国との連帯と協力を強化する。独立自主、完全平等、相互尊重、相互内部事情不干渉の原則に基づいて、わが党と各国の共産党およびその他の政党との関係を発展させる。

  中国共産党が全国の各民族人民を指導して社会主義現代化の偉大な目標を実現するには、必ず党の基本路線を中心に据えて党の建設を強化し、改善しなければならない。党が党を管理し、厳格に党を治め、党のすぐれた伝統と作風を発揚することを堅持し、党の指導レベルと執政レベルをたえず高め、腐敗を拒み、変質を防ぎ、リスクを防ぎ止める能力を高め、たえず党の階級的基盤を増強し、党の大衆的基盤を拡大し、党の創造力、結束力、戦闘力をたえず高めることによって、わが党が終始時代の前列に立って、全国人民を指導し、中国の特色のある社会主義の道に沿って絶えず前進する強固な中核となるようにする。党の建設では次の四つの基本的要求を断固実現しなければならない。

  第一、党の基本路線を堅持すること。全党はケ小平理論、「三つの代表」という重要な思想と党の基本路線で思想を統一し、行動を統一し、また揺るぐことなく長期にわたって堅持していくべきである。改革開放と四つの基本原則とを統一させ、党の基本路線を全面的実行し、全面的に党の社会主義初級段階における基本綱領を執行し、あらゆる「左」と右の誤った傾向に反対し、右も警戒するが、主に「左」を防止する。各クラス指導グループの建設を強化し、改革開放と社会主義現代化の建設の中で際立った政治的業績を上げ、大衆に信頼されている幹部を選抜、登用し、何千何万もの社会主義事業の後継者を育成し、組織面から党の基本路線と基本綱領の貫徹・実行を保障する。

  第二、思想を解放し、実事求是をむねとし、時代とともに前進することを堅持する。党の思想路線は、すべては実際から出発し、理論と実際を結びつけ、実事求是をむねとし、実践の中で真理を検証し、発展させることである。全党は必ずこの思想路線に依拠して、積極的に模索し、大胆にテストをおこない、開拓、革新を行い、創意性を働かせて活動を繰り広げ、絶えず新しい状況を研究し、新しい経験を総括し、新しい問題を解決し、実践の中でマルクス主義を豊富にし、発展させなければならない。

  第三、誠心誠意人民への奉仕を堅持すること。党は労働者階級と最も広範な人民大衆の利益のほかに、みずからの特殊な利益はない。党はいかなる時においても、大衆の利益を第一位に置き、大衆と苦楽を共にし、最も密接なつながりを保つものであり、いかなる党員も大衆から遊離し、大衆の頭の上に君臨することは許されない。党は、みずからの活動においては大衆路線を実行し、すべてを大衆のために、すべてを大衆に依拠し、大衆の中から大衆の中へと、党の正しい主張を大衆の自覚的な行動に変えていく。わが党にとっての最大の政治的優位は大衆と密接に結びついていることであり、執政後における党にとっての最大の危険は大衆から遊離することである。党の作風の問題、党と人民大衆とのつながりの問題は、党の危急存亡にかかわる問題である。そのため、党はたゆむことなく腐敗に反対し、党風の建設と廉潔政治の建設を強化する。

  第四、民主集中制を堅持すること。民主集中制は民主を基礎とした集中と、集中の指導のもとでの民主が結びついたものである。それは党の根本的な組織原則であると同時に、党の活動における大衆路線の運用でもある。党内の民主を十分に発揚し、各クラスの党組織と広範な党員の積極性と創意性を十分に発揮させなければならない。正しい集中を実行して、全党の行動の一致を保証し、党の決定が迅速かつ効果的に貫徹、実行されるよう保証しなければならない。組織性と規律性を強化し、党の規律の前ではだれもが平等である。党の指導機関と党員指導幹部に対する監督を強化し、党内における監督制度をたえず充実させる。党は、みずからの政治活動の中で批判と自己批判を正しく繰り広げ、原則的な問題において思想闘争を行い、真理を堅持し、誤りを是正する。集中もあれば民主もあり、規律もあれば自由もあり、統一的意志もあれば個人の気持ちがのびのびし、生き生きとして活発でもある政治的局面を作り出すよう努める。

  党の指導は主として政治、思想と組織面での指導である。党は、改革開放と社会主義現代化の建設の要請に適応し、党の指導を強化し、改善しなければならない。党は必ず全局を統轄してとらえ、各方面の協調をはかる原則にのっとって、同じクラスのさまざまな組織の中で指導的中核の役割を果さなければならない。党は、全力をあげて経済建設を指導し、各方面の力を組織し、協調し、一致協力して、経済の建設を軸に活動を展開しなければならない。党は、民主的かつ科学的に意思決定を行い、正しい路線、方針、政策を制定し、実行し、党の組織活動と宣伝教育活動を立派に行い、すべての党員の前衛としての模範的役割を果たすようにしなければならない。党は必ず憲法と法律の範囲内で活動しなければならない。党は必ず国の立法・司法・行政機関、経済・文化組織と人民団体が積極的主動的に、独自に責任を持って、一致協力して仕事できるよう保証しなければならない。党は必ず労働組合、共産主義青年団、婦女連合会などの大衆組織に対する指導を強化し、その役割を十分に発揮させなければならない。党は必ず情勢の発展と状況の変化に適応して、指導体制を充実させ、指導の方式を改善し、執政能力を増強しなければならない。共産党員は必ず党外の大衆と緊密に協力し、共に中国の特色のある社会主義の建設のために奮闘しなければならない。

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6509-2289