ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2003年05月04日13:48(北京時間)



SARS専門病院「小湯山医院」 患者の収容を開始









  北京郊外に建設中だった重症急性呼吸器症候群(SARS)専門病院「小湯山医院」が1日、患者の収容を開始した。

  病院の延べ床面積は2万5千平方メートル、患者1千人の収容が可能。伝染病病院の基準に基づき、診察室や専用通路、酸素室、汚水処理施設などの施設を備える。

  病院には各大軍区から1千人余りの医療スタッフが派遣されており、同日夜から患者の収容が始まった。

  「人民網日本語版」2003年5月2日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366