ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2003年05月27日09:53(北京時間)



北京市がハクビシンの検査を強化 SARS対策





  北京市野生動物保護部門は、市内で食用ハクビシンの飼育や処理などについて厳しい検査を行うほか、ハクビシンの違法販売などの取り締まりを強化することを明らかにした。広東省シンセン市疾病予防コントロールセンターと香港大学の研究チームは23日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の原因である新型コロナウイルスとジャコウネコ科のハクビシンのウイルスから検出されたウイルスの遺伝子配列が酷似しているとし、SARSはハクビシンから人に感染した可能性が高いとみられると発表した。北京市野生動物保護部門の対応はこの研究結果を受けたもの。

  「人民網日本語版」2003年5月26日

  

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
info@peopledaily.co.jp
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366