ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2003年09月15日17:38(北京時間)



中国東北地区の旧工業基地の改造で外資利用を奨励



  第七回中国投資貿易商談会組織委員会のスポークスマンである商務部弁公庁の温再興副主任はこのほど新華社記者のインタビューを受けた際、外資を導入して国有企業を改造し、既存の国有資産を活性化するなどの措置を取って東北地区の旧工業基地の改造を加速することは非常に重要である。中国政府は外国の投資者の東北地区工業基地への投資を奨励し、この改造に参与するよう呼びかけた。

  中央政府がこのほど打ち出した東北地区旧工業基地振興策は西部大開発と同じように、いくらかゆとりのある社会を全面的に建設する重要な政策である。

  近年、国は次々と開放を拡大する政策を公布し、外商投資を利用して国内の企業を再編、改造を行うことを奨励している。外資が金融資産管理公司の資産の再編と処理も認めている。さらに外国投資者が国有企業の改造に参与し、外国の先進技術と管理の経験を取り入れて、資源の最適化を実現するため、『外商の国内企業への投資買収に関する暫定規定』を公布した。国際慣行の国境を越えての買収の形を取って外商の投資を導入する。外商が株式取得の形で買収するやり方で国内企業を買収することを認め、また関連手続きを簡素化した。

  東北地区は旧工業基地として工業の基盤がすでに存在し、高い資質の労働力資源などの優位がある。現有の政策にもとづき、優位を発揮し、積極的かつ効果的に外資を利用し、旧工業基地を蘇らせる。東北地区の旧工業基地に投資するならば、必ずや東部沿海地区と同じように成果を収めるに違いない。

  「チャイナネット」2003年9月15日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366