ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2003年10月16日13:17(北京時間)



有人宇宙計画の背景



  中国の有人宇宙計画は1992年に始まった。中国の宇宙開発史上、最大規模の計画であると同時に、最高の技術力が求められる、世紀を超えた国家重点プロジェクトでもある。全国110の研究機関が開発を担当したほか、3千の機関・企業が協力し、数万人の科学技術者や解放軍関係者が研究を進めた。知的財産権を有する重要な技術を次々と掌握し、最新の宇宙船「神舟」とロケットの開発に成功。中国の科学技術の粋を集めた宇宙船応用システムを完成させた。打ち上げ施設、宇宙観測ネットワーク、着陸場システムの開発も順調に進められた。能力の高い宇宙飛行士チームを訓練し、完全な開発、生産、試験システムを構築。1999月11月、2001年1月、2002年3月と12月の4回にわたり、無人宇宙船「神舟」の打ち上げ、飛行、回収試験を成功させた。

  有人飛行プロジェクトの責任者によると、中国の有人飛行プロジェクトは(1)有人宇宙船と複数の宇宙船のドッキング技術の構築と軌道実験室の発射(2)宇宙飛行士の宇宙空間での短期間滞在(3)宇宙ステーションでの長期滞在、大規模な宇宙科学実験と応用技術を展開――という、宇宙の平和利用に貢献するための3つの段階を計画している。(編集TS)

  「人民網日本語版」2003年10月16日

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366