ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2003年10月16日16:14(北京時間)



楊利偉飛行士、家族と交信 「美しい故郷を見た」(写真)





  中国初の有人宇宙船「神舟5号」に搭乗している楊利偉宇宙飛行士は北京時間15日午後7時58分、家族と無線通信で会話した。夫人の張玉梅さんと息子の楊寧康さん(8)との通信の主な内容は次のとおり。

  張玉梅さん:どんな気持ちですか。

  楊飛行士:いい気持ちだ。宇宙の景色はとても美しい。

  張玉梅さん:あなたを誇りに思います。お父さんもお母さんも、息子もここにいて見守っています。

  楊飛行士:応援ありがとう。任務を完遂するから、いいニュースを期待していて。

  寧康さん:パパ、がんばって。

  楊飛行士:ありがとう。

  寧康さん:ご飯食べた?

  楊飛行士:宇宙食を食べたよ。

  寧康さん:何が見える?

  楊飛行士:ここからの景色はとてもきれいだ。地球という私たちの美しい故郷を見た。

  寧康さん:宇宙滞在日記は書いた?

  楊飛行士:書いたよ。

  寧康さん:なんて書いたの?

  楊飛行士:仕事と見たものをすべて記録したよ。

  寧康さん:パパ、宇宙にいるのはどんな気分?

  楊飛行士:とてもいい気分だよ。宇宙船の中も快適だ。

  寧康さん:パパ、またね。

  楊飛行士:また、明日。

  会話はわずか4分50秒だったが、管制センターの係員や記者たちに深い感動を与える内容だった。(編集TS)

  「人民網日本語版」2003年10月16日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366