ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2003年10月17日13:48(北京時間)



「神舟5号」の費用は10億元未満 国務院記者会見



  国務院新聞弁公室は16日午前、中国有人宇宙飛行プロジェクト弁公室の謝名苞主任を招いて記者会見を行った。謝主任は、このほど打ち上げ・回収に成功した中国初の有人宇宙船「神舟5号」の費用について説明した。

  謝主任は「現在までに、中国は宇宙船『神舟号』を5回打ち上げている。最初の4回での直接費用は平均8億元だった。5回目の打ち上げは有人飛行だったため、費用がやや多くなったが、10億元より少ない」と説明した。

  謝主任によると、有人宇宙飛行計画の予算は国の承認を経ている。中国の有人宇宙飛行プロジェクトは開始から10年余りが経過し、投資は180億元に達している。費用は次の2つの部分に分けられる。

  (1)宇宙船、ロケット、電子機器設備、応用設備の製造費用などで、1度の打ち上げにしか使えないものが大部分。

  (2)宇宙飛行船研究に必要な技術的インフラ整備費用。主に宇宙センター、ロケット発射場、観測設備などの固定資産で、80億元余りが投入されている。

  (編集UM)

  「人民網日本語版」2003年10月17日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366