ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2003年10月17日17:19(北京時間)



楊飛行士、船内で国連旗を手に平和を強調



  中国初の有人宇宙船「神舟5号」に搭乗した楊利偉・宇宙飛行士は、地球7周目に入った15日午後6時37分、中国国旗と国連旗を手にカメラに向かい、中国語と英語で「宇宙の平和利用で、全人類に幸福を」と話しかけた。

  有人宇宙飛行プロジェクトの関係責任者は「神舟5号に国連旗を載せたのは、中国政府が国連との協力を重視し、国連の趣旨と原則を支持していることを示すとともに、宇宙の平和的利用を行い、全人類に幸福をもたらす中国政府の決意を表している」と述べた。

  楊飛行士が手にした国連旗は、長さ15センチ、幅10センチ、重さ約10グラムのナイロン製。国連ウィーン本部(UNOV)の代表者は9月4日に行われたセレモニーで、国連事務局のアナン事務総長に代わって、この国連旗を在ウィーン中国代表団の張炎大使に渡した。

  神舟5号には、長さ180センチ、幅120センチ、重さ約330グラムの国連旗も積み込まれた。2枚の国連旗は宇宙船の帰還後、国連に渡される。(編集SY)

  「人民網日本語版」2003年10月17日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366