ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2003年10月17日14:30(北京時間)



外交部「バチカンは台湾との断交を」



  外交部の章啓月報道官は16日の記者会見で、対バチカン政策について記者の質問に答えた。

  ――ローマ法王ヨハネ・パウロ二世が15日に在位25年を迎えたが、中国が対バチカン政策を変更し、法王が中国を訪問する機会はあるか。

  中国は対バチカン関係の改善に一貫して積極的な姿勢を取っている。ただ、われわれには2つの条件がある。1つは、バチカンが台湾とのいわゆる「外交関係」を断絶し、中華人民共和国政府が中国を代表する合法的な唯一の政府であり、台湾は中国の不可分の領土の一部であると認めること。もう1つは、宗教問題という名目での干渉を含め、中国への内政干渉を行わないと約束することだ。(編集SO)

  「人民網日本語版」2003年10月17日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366