ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2003年12月05日14:36(北京時間)



中国は一党制ではない 統一戦線工作部



  中国共産党中央統一戦線工作部は4日、数年ぶりとなる記者会見を国務院新聞弁公室で開催した。出席した同部の陳喜慶副部長が、統一戦線と政党制度に関する状況を説明するとともに、記者からの質問に答えた。

  ――現在、ほとんどの国家で二大政党制もしくは多党制だが、中国はなぜ一党制を敷いているのか。

  中国は一党制ではなく、共産党が主導し、多数の党派が協力する政治協商制度を取っている。中国には共産党以外にも、中国国民党革命委員会(民革)、中国民主同盟(民盟)、中国民主建国会(民建)、中国民主促進会(民進)、中国農工民主党(農工党)、中国致公党(致公党)、九三学社、台湾民主自治同盟(台盟)の8つの民主党派が存在する。これら党派の党員は昨年末時点で60万人を超え、国家の政治の中で重要な役割を発揮している。

  こうした政治制度・政党制度の特徴は「共産党が主導し多党派が協力する」「共産党が執政し多党派が参政する」ことだ。各党派は共産党と一致団結して政治に参加する与党であり、反対党でも野党でもない。中国共産党中央は重大な政策決定の前には通常、各党派の指導者および無党派層の代表を招聘して協議会や座談会を開催し、状況を報告するとともに、国家方針について協議し、意見を聴取している。中央の新指導者は、こうした協議会・座談会を今年だけで9回開催した。(編集KS)

  「人民網日本語版」2003年12月5日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366