ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2004年01月02日13:47(北京時間)



【論評】2003・2004年の経済を回顧・展望する(4)



  ◆さらなる成長を維持

  先ごろ閉幕した中央経済工作会議で、情勢が良くなればそれだけ、経済社会の発展に矛盾や問題が存在していることを冷静に見る必要があると指摘する声があった。上述した2003年の中国経済運営の特徴と存在する問題に照らして、2004年に講じる政策と措置について(1)引き続き積極的な財政政策と安定した通貨政策を実施し、絶えず政策機能を改善する(2)金融市場を発展・完備させ、とくに短期債券市場を発展させて金利の市場化をさらに推進する(3)人民元レートの形成メカニズムを完備させ、レートを合理的、バランスの取れた状態でほぼ安定させる(4)農民の収入を増やす根本的な道は農業生産構造の調整にあるため、農業への科学技術の導入を強化し、農業の産業化を推進して、農産品の付加価値を向上させる(5)公共財政体制への転換を推進し、財政が農村の公共性を有する商品への融資機能を担う(6)都市化プロセスを正しく推進し、農民の土地使用権と農民の家屋財産権を有効に保護する(7)民間企業の発展を大々的に支持・支援し、国有企業の財産権の多元化に向けた改革を加速するとともに、早急に有限の国有資本を一般競争の対象外にする―――ことを提言する。

  一部の研究機関や経済学者は、この2年内に経済成長率は8.5%かそれをやや上回ると予想している。中国経済はすでに新たな急成長時代に入った。2004年はさらなる成長を維持するだろう。この勢いに乗り、プラスとなる時期を捉えた体制改革を加速し、経済発展で突出する構造・体制的な問題を果断に解決し、引き続き西部大開発を推進するとともに、時宜を逸することなく東北地方の古い工業基地を振興させるなど、多層的な「成長極」を形成していけば、中国経済は安定と繁栄を維持することができる。

  「チャイナネット」2004年1月2日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366