ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2004年01月02日16:06(北京時間)



天津市概要



  市長:戴相竜

  電話:022-23305555(政府ホットライン)

  1.位置

  華北平原の北東部に位置し、東は渤海、北は燕山山脈に臨む。北は首都北京と隣接し、東部、西部、南部は河北省の唐山、承徳、廊坊、滄州地区とそれぞれ境を接している。海岸線の長さは約133キロ、面積は1万1305平方キロ。

  2.地形

  海河の下流に位置し、海河の両岸に展開する都市。域内には海河、子牙新河、独流減河、永定新河、潮白新河、薊運河などが流れ、海に注ぐ。市中心部は海岸からは50キロ、首都の北京からは120キロも離れている。地理的、戦略的に重要な場所に位置する重要な都市である。

  3.気候

  天津は中緯度のユーラシア大陸の東海岸に位置する。太平洋に面し、季節的環流による影響が著しい。冬はモンゴルからの寒い高気圧にさらされ、北寄りの風が強い。夏は西太平洋の亜熱帯高気圧の影響を受け、南寄りの風が吹く。天津の気候は暖温帯半湿潤の大陸季節風気候に属し、春、夏、秋、冬の四季がはっきりしているほか、降雨が少なく、季節風が強い。また日照が多く、海に近いわりには大陸的性格が強いなどの特徴が挙げられる。年間平均気温は12.3℃、年間平均降水量は550〜680ミリ。夏の降水量が年間降水量のおよそ80%を占める。

  4.交通

  港

  天津港は中国北部最大の総合貿易港であり、全国最大のコンテナバースがある。75のバースのうち、1万トン級以上のバースは48で、世界の170の国と地域の約300の港と結ばれている。

  鉄道

  天津の鉄道中枢は京山(北京=山海関)、京滬(北京=上海)2大鉄道幹線の合流地点であり、中国北部における鉄道輸送の中枢でもある。

  道路

  自動車道路が四方八方に通じ、京塘(北京=塘沽)、京哈(北京=ハルビン)、津楡(天津=楡次)、京福(北京=福建)、京同(北京=大同)など6本の国道が天津を通っている。市内には3本の環状道路、14本の放射状道路を中心とする都市道路網が建設されている。

  5.外資導入のホットスポットとプロジェクト

  (1)都市建設、交通、エネルギー、環境保全などのインフラ建設

  (2)内外の市場ニーズに適応した低汚染、省エネ、高収益の工業製品および高付加価値、高技術集約度の製品

  (3)従来型の工業企業に対する技術改造

  (4)内外の市場ニーズに適応するハイテク産業

  (5)良質の農業、副業生産物の栽培、養殖および市場ニーズの大きな農業・副業生産物の精加工プロジェクト

  (6)国際市場ニーズに適応し、製品のグレードアップ、輸出増加、外貨獲得の増加に役立つプロジェクト

  (7)海洋石油化学工業開発プロジェクト

  (8)天津市のトータルな都市開発計画に合致し、都市建設、都市部の老朽住宅改築、市街区にある古い企業の移転や関連の不動産開発プロジェクト

  (9)市民の住宅と老朽家屋の改築プロジェクト

  6.外資系企業による投資を奨励する重点業種

  ●農業、林業、牧畜業、漁業

  (1) 優良農産物・副業生産物の生産

  (2) 優良乾燥果物の生産

  (3) 農産物・副業生産物の精制加工

  (4) 農産物・副業生産物の輸出

  (5) 無公害グリーン食品の開発

  (6) 野菜、果物、肉類、花卉の鮮度保持技術

  (7) 水産物の養殖・加工技術

  ●都市の基盤施設建設

  (1) 自動車工業

  (2) 電子工業

  (3) 機械・電力設備工業

  (4) 海底石油化学工業

  (5) 新型建築材料工業

  (6) 軽工業

  (7) 食品工業(8) 医薬、医療機器工業

  ●都市のインフラ建設

  (1) 地方における高速道路の建設と運営

  (2) 都市地下鉄の建設と運営

  (3) 汚水処理とゴミ処理

  (4) 火力発電所の建設と運営

  ●第三次産業

  (1) 観光関連製品の製造

  (2) 商業施設の建設

  (3) 都市部老朽家屋の改築と市民住宅の開発建設

  (4) 観光景勝地の施設建設

  (5) 経済・科学・技術に関する情報コンサルティング

  7.外資導入の政策

  ●審査・認可機構とコンサルティング機構

  浜海開発区における外商投資プロジェクトについては、投資額によって、市と区の関係部門が審査、認可し、投資額が500万ドル以下の場合は、各区の対外経済貿易委員会が審査、認可し、天津港において投資額が1000万ドル以下のプロジェクトは、天津港務局が審査、認可し、天津経済技術開発区、天津港保税区において投資額が3000万ドル以下のプロジェクトは、同開発区と保税区の管理委員会が審査、認可することになっている。これらの範囲を超える場合は、天津市政府外国投資サービスセンターが審査、認可し、あるいは国の関連部門に申請することになる。

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
info@peopledaily.co.jp
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366