ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2004年01月04日11:00(北京時間)



日本の民間団体が小泉首相の靖国参拝に抗議



  小泉純一郎首相の元旦の靖国神社参拝をめぐり、日中友好協会は3日、「イラク戦争の真っただ中に武装した自衛隊を派遣するという行動と符節を合わせた、憲法の平和原則に反する暴挙だ」などとする抗議文を首相あてに送付した。

  抗議文は、戦前は軍国主義や侵略戦争の精神的支柱で、戦後にはA級戦犯を合祀した靖国神社への首相の参拝は、いかなる理由、時期であっても侵略戦争を肯定するもので容認できないと指摘。首相の靖国参拝は、日本政府が過去の誤りを反省していないことの表れで、各国の怒りや非難を引き起こすだけだと抗議した。

  また「靖国参拝違憲訴訟の会」は、「首相の靖国神社参拝は、韓国、中国をはじめとする日本による植民地支配や侵略の被害にあった国々や人々を深く傷つけ、怒りを呼び起こしている」との声明を発表。「小泉首相が靖国神社参拝を繰り返すことは、外交上も経済面でも百害あって一利なしの愚かな行為にほかならない」と抗議した。(編集SO)

  「人民網日本語版」2004年1月4日

  

  

  

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366