ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2004年01月19日09:37(北京時間)



レストランのかごからSARSウイルスを検出 広州



  衛生部と広州で調査を進めている世界保健機関(WHO)の新型肺炎(SARS)対策専門家チームは16日、感染の疑いがあるとされた女性(20)が働いていたレストランや市内の野生動物市場で、動物用のかごから、SARSウイルスが検出されたことを明らかにした。これらのかごはウイルス感染源のひとつと指摘されている、ハクビシンを入れるのに使われていた。

  専門家チームによると、検査の結果、昨年SARSが猛威を振るった際、動物から人への直接の感染があった可能性があるとし、「このような環境下にSARSウイルスが存在することが示された」と述べた。(編集TS)

  「人民網日本語版」2004年1月17日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366