ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2004年01月19日09:38(北京時間)



新たな感染確認のうち1人が退院 SARS患者



  衛生部は17日、16日午前10時〜17日午前10時の新型肺炎(SARS)の発生状況について報告し、感染の疑いがあると診断された広東省広州市の患者2人について、「世界保健機関(WHO)の検査により、感染が確認された」と発表した。これで今冬、国内で確認されたSARS感染者は計3人となった。

  衛生部によると感染が確認されたのは、レストラン従業員の女性(20)と自営業の男性(35)。そのうち女性は17日、すでに退院し、接触した人々の発熱などの異常は出ておらず、医学観察措置が解除された。男性患者の病状も安定しており、連続11日間平熱を保っている。男性に接触した28人の体調にも異常はなく、うち22人の医学観察が解除された。(編集TS)

  「人民網日本語版」2004年1月18日

  

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366