ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2004年01月31日16:21(北京時間)



北京市のソフト輸出が急成長 1億ドルの大台に



  北京税関の最新データによると、北京市では、2003年のソフトウェア輸出額が1億3800万ドル(前年比48.2%増)に達し、初めて1億ドルの大台に乗った。輸出額・成長率ともに全国の各省・直轄市の上位を占める。輸出額では全国の37%を占め、2位の広東省を5041万1千ドル上回った。

  北京市の主なソフトウェア輸出先は日本。2003年の対日輸出額は9490万6千ドルで、北京市全体に占める割合は68.8%に達し、5年連続の上昇となった。また、対韓輸出も好調で、2003年は前年の約2倍の696万5千ドルに達した。

  北京市のソフトウェア輸出の主役は外資系企業だ。2003年は外資系企業によるソフトウェア輸出額が1億2400万ドルに達し、全体の9割を占めた。一方、国有企業のソフトウェア輸出額も、前年比64.3%増の848万1千ドルとなり、健闘している。民間企業によるソフトウェア輸出は歴史こそ浅いものの、輸出額は前年の5倍を越える517万2千ドルに達した。(編集UM)

  「人民網日本語版」2004年1月31日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
info@peopledaily.co.jp
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8366